Top » 採用情報 » 社内研修制度

採用情報Recruit

社内研修制度

当社の教育方針

「エンジニア35才定年説」が世に広まってから10年以上が過ぎましたが、それは今日でも変わっておりません。35才定年説をクリアし、長期に渡って技術者として活躍するためには、リーダーとして独り立ちできることが必要です。社会に出て間もない新人技術者がプロジェクトリーダーになるために与えられた時間は、僅か10年。その貴重な10年間にどれだけの知識を習得し、スキルアップに繋がるプロジェクトをいくつ経験することができるか否かで、残りの20年間の方向性がほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。

スパイラルネットは、エンジニアのキャリアパスとして『最初の5年間で開発に必要な基礎的な知識を習得します。そして次の5年間で金融系システムエンジニアとして必要とされる比較的高度な知識を習得し、7〜11年目にはプロジェクトリーダーとして数名〜10名程度のプロジェクトを切り盛りできるようになること』を目指しております。

さらに、エンジニアがプロジェクトリーダーになるためには、特定の知識に偏ることなく、技術的な知識、金融業務に関する知識、そしてプロジェクト管理に関する知識など、それぞれの知識を高次元でバランスよく保持することが必須であると考えます。しかし、これまでリーダー経験のないエンジニアが、リーダーになるために必要な知識を自ら体系化し、そして独自に(独学で)習得していくことは至難の業です。

当社は、エンジニアが10年間で独り立ちしてプロジェクト・リーダーを務められるようになることを目標とし、私達(先輩技術者)がこれまでに経験してきたことをもとに『システム構築プロジェクトに必要な知識群』と『学ぶ順番』を体系化してきました。そのノウハウ(教育プログラム)を社員間で共有していくことで、一人ひとりが体系だった知識を短期間で効率的に習得できるよう目指しています。また、そのためには「学習の日常化」という企業風土の醸成を大切にしております。

エンジニアが目標とすべきゾーン

当社の教育プログラム

当社の教育方針に基づき、新人エンジニアがリーダーになるまでに必要とされる知識を体系化した教育プログラム(下図、参照)を用意し、以下の方法にて実施しております。また、各種資格の取得についてサポート(受講料の補助や資格取得時の報奨金制度)も実施してまいります。

  • 社内研修(社内講師および社外講師)
  • 社外研修
  • 通信教育
  • 書籍による学習
エンジニアとしての経験年数
社内教育プログラム 社内教育プログラム

Page Top