SPIR

STAFF

社員紹介

金融システムエンジニアリング部
スタッフ
2016年入社 

金融システムエンジニアリング部 

YAMAGUCHI.M

YAMAGUCHI.M

異業界・異業種からの転職

新卒としての就活は「思いどおり」という感じではなく、 レコーディングスタジオにアルバイトとして入社し、デスク業務…見積書や請求書の発行など 主に事務系の経験を積みました。
その後転職し、前職はCDショップで契約社員として勤務していました。
先々を考えると非正規ではなく、正社員として働いていきたいとは思っていたのですが、 契約社員から正社員になるには私の力が及ばず、別の方向で探してみようと思い転職活動を始めました。

未経験からの挑戦

転職活動では複数の転職サイトとエージェントを利用しました。
正社員経験もなく、自分の何が強みになるのかわからない不安もありましたが、 エージェントの担当の方と話すことで、転職市場において自身の価値がどのように評価されるのか、 客観的な意見を聞くことができ、納得感を得ながら転職活動を進めることができたかなと思っています。

その時点では「接客の経験を活かして営業職」か「未経験でも挑戦可能なエンジニア」 あたりを検討していました。
営業職とエンジニアでは、なんとなくですがエンジニアの方が向いているのではないかと思っていました。
エンジニアの「手に職をつけられる」ところに魅力を感じたのですが、 実際に「開発する」「プログラミングをする」というイメージが漠然としていましたし、自分に適性があるのかも不安でした。
そこで、一旦転職活動はお休みして、IT系のセミナーに通ってみました。
内容は週2回、2時間程度の研修で、HTMLでのWEB開発とデータベースの初歩といった感じでした。
実際に手を動かしてみて「できなくはなさそうだ」という実感が得られたのでエンジニアとして就職する、という方向に目標を決めました。
ただ、同時に「WEBじゃないかも」という感覚もありました。
デザイン的なもの、センスを必要とするもの、そういう世界で「何が良いとされるのか?」は人によって違うと思います。
でも「便利かどうか?」という評価の軸はあまりブレないし、そこに個性は必要ないと思ったんです。
私には、そちらのほうが向いているんじゃないかな?と思いました。 そして最終的に「業務系のシステム開発会社」を応募の対象にしました。

たまたま、ラッキーだったと思う

未経験応募可のエンジニア職に応募して、選考途中で辞退した会社もありましたが、最終的に2社内定をいただきました。
うち1社がスパイラルネットでした。
もう1社は仕事内容が事務寄りだったので、せっかくならITをちゃんとやっていきたいと思って スパイラルに決めました。…あまり良い理由でなくて申し訳ありません。。

仕事をしてみてラッキーだったな、と思ったのは、 金融システムの中でもスパイラルが専門にしている「市場系」というのは、仕組みそのものに面白さがあるところです。
私は勉強はそれほど得意ではありませんが、知識を得ることは嫌いではありません。
自分が携わっているシステムの「仕組みが面白い」というのは、幸運だったと思います。

今、そしてこれから

今の現場は自社の先輩の他にパートナーさんが3人、合計5人のチームで、 銀行で保守フェーズの追加開発をやっています。
先輩の指導はとても親切で仕事はしやすいですが、まだ一人前にはなれていないと思うので…
まず精一杯目の前の仕事と向き合って、着実に成長していきたいと思います。