COMPANY

経営理念・代表挨拶

代表挨拶

大学卒業後、メーカーの経理部に所属し、原価計算や主計業務の手伝い、海外現地法人の経理業務のサポートなどをこなしつつ、それなりに意義を感じながら勤務しておりました。しかし、自分がやりたいこととは何かが違うと思い、2年足らずでその会社を辞めてしまいました。

その後、早く自分の感性に合う仕事に就きたいという思いと、自分のスキルを向上させてそれなりのペイを貰いたいという思いが錯綜する中で、自分の未熟度のため焦燥感に駆り立てられながら、結果的にいくつもの会社を転々するという時代を過ごしました。

メーカーを辞めた後は、金融情報ベンダー、コンサルティングファーム、システムインテグレータを転々としてしまった訳ですが、そこで多くの人々と出会い、結果としてこの業界のことを学ぶことができ、40歳の時に自分のライフワークが何であるかが分かり始めてきました。その翌年、41歳にしてこの業界の発展のために資したいという思いに駆り立てられて、スパイラルネットを興しました。

会社経営を始めてからというもの、未だに試行錯誤の日々が続いておりますが、自分のミッションがより一層明確になってきました。

代表取締役 山下宣良 スパイラルネット株式会社

Yamashita Nobuyoshi

  • 金融システム構築の世界に革新的な企業経営手法をもたらす
  • これでまでに習得してきた知識・知見を若い世代に語り伝え、人材育成を行なう
  • 顧客、パートナー会社、そして社員など様々な関係者とベネフィットを分かち合う

代表取締役社長 山下宣良

略歴

法政大学経済学部卒業後、メーカー、株式会社共同通信社、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、株式会社QUICK、新日本製鉄株式会社(現新日鉄ソリューションズ株式会社)を経て、2003年9月に株式会社スパイラルネットを設立。1962年静岡県浜松市出身。

銀行や証券会社の市場系システム、市場リスク計測システム(VaR)、信用リスク計測システム(BASELⅡ)、融資稟議システム、自己査定システム、ALMシステム等の構築や新設銀行の市場系部門の立ち上げなど数多くのプロジェクトに参画。銀行のシステム化戦略、BPR(業務フロー改善)などのコンサルティング&アドバイザリーも得意とする。
趣味は、ワインとぶどう栽培、読書。WSET(イギリスのワイン・スピリッツ教育協会)のインタミディエート資格保有。将来の目標はワイン醸造家。

経営理念

社会貢献


SOCIAL CONTRIBUTION

世の中から必要とされるカンパニーを目指す。

顧客、パートナー会社、社員など当社を取り巻く全ての人たちから必要とされる会社になることを目指す。 さまざまな人たちに興味や大きな関心を持っていただけるような会社になり、世の中との共存共栄を図っていきたい。

集合知


COLLECTIVE INTELLIGENCE

社員一人ひとりが主役となるカンパニーを目指す。

社員一人ひとりが自らの頭で考え、発言し、そして自発的に行動する企業風土を持つ会社になることを目指す。 組織力向上のためには、企業トップの100歩よりも、100人のスタッフの各1歩(合計100歩)を大切にしていきたい。

独創性


UNIQUENESS & ORIGINALITY

独創的なカンパニーを目指す。

世の中のすべて会社は人格を有しかつそれぞれの個性がある。他の会社の仕組みを簡単に真似ることなく、社員一人ひとりのアイデアで独創的な会社なることを目指す。付加価値の醸成のために社員一人ひとりの個性と独創性を大切にしていきたい。